スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

季節は秋!

ちゃーっすw

この期間限定クエやったことありますか~?

maaalskslaksjdjdjalskjd1.jpg

栗ってアイテムがめっちゃだるかった。。集めるのに5日かかった;;

そして材料も集めて報酬もらいます~w

skdhsikhddjdjsbhdjk2.jpg

当たりはテントチェアっていう激レアな椅子ですね・・・

ほとんどフリマに出回ってないみたい・・・

adksjfdkdoskjdikdjfnkdd3.jpg

いらねー・・・・

だるい・・・まぁーさっそくマロンシードあけてみました!

skjdhdjujisuhdeuhfufreui4.jpg

そして・・・

skihdidewhidehufhur5.jpg

ゴミばっか・・・おつかれさま・・・

それでー水さんとワルメン行ったときのssあったんではっておく

skdhjfdkfjdhfkskldjffd6.jpg

そして・・・

kjshdsjdhjkdhdksjfhkjdhfkg7.jpg

ゴミばっか^^どま/
スポンサーサイト

[紙芝居] 第1章 さるの宝探し

むか~しむかし、あるところに1匹の猿がいました。

猿は、魔法使いの23lvでした。

ある日、秋奈oに出会いました。

秋奈o:「自動追尾しよう。」

猿:「いいよ」

そして自動追尾しました。

mmmmmmmmmmmpppppppppppkkkkkkkkkkkpppppppppppppppppkkkkkkkkkkllllllllll3.jpg

秋奈o:「お金ほしい?」

猿:「ほしい」

秋奈o:「じゃあ秘密のドア出すね」

猿:「おk」

mmmmmmmppppppppppkkkkkpppppppplllllllp1.jpg

秋奈o:「このドア入ると宝の山があるよ!」

猿:「まじで!?」

秋奈o:「入ってみ」

猿:「おkw」

mmmmmmmmmpppppppppppppkkkkkkkkkkkpppppppppplkklllll2.jpg

秋奈o:「宝なんてねーywwwwwwwwwwwwww」

秋奈o:「ざまあwwwwwwwwww」

GetAttachment.jpg
猿:は?死ねよ

秋奈o:「ご・・・ごめ」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー完ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

MH30;;

puripuritu2.jpg

いきます。

puripuritu3.jpg

う・・・2枚目・・・

puripuritu3.jpg

だめだ;;;;;;また今度やります・・・


もう1枚ゲットしました・・・行きます・・・

puripuritu3.jpg

;;

ビシャス

kahsjdhndjwjdbndwehdebhew02.jpg

ビシャス討伐この面子で行ってきた!

みんな134lvっていうね・・・なかなかおもしろいpt^^

jdwjekbwdejedfjvbfjewbuwe03.jpg

そして~暇だったので火力試しに行きました~

134LV MH14、SE30、たこ焼き

akshgdjuhiewdheuhud34201.jpg

ん~まぁまぁなのかなぁ?ちょっと低い気もするが・・・

まずね。。ユニコ64をなんとかしたいんだ・・・

でも、ランピまでdex10足りない。。

ハンマー買えたらなぁ~

MH20

jkjhhjhgf.jpg

はります!

lkjhvblkjhg.jpg

成功

トリプルスロー30!!

aaaaaopaisisuausipwi222222222222.jpg

いきます・・・

aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaassjdhdhd22222.jpg

一発成功!!
最新記事
最新コメント
プロフィール

癒しさん

Author:癒しさん
 
BGMを入れてみました。

今流れている曲名は君の
知らない物語です。とて
もいい曲なので、気に入
ってもらえると嬉しいで
す。この曲の歌詞も書い
ておこうと思います。

【歌詞】

いつも通りのある日の事

君は突然立ち上がり言った

「今夜星を見に行こう」


たまには良いこと言うんだね」

なんてみんなして言って笑った

明かりもない道を

バカみたいにはしゃいで歩いた

抱え込んだ孤独や不安に

押しつぶされないように


真っ暗な世界から見上げた

夜空は星が降るようで


いつからだろう 君の事を

追いかける私がいた

どうかお願い

驚かないで聞いてよ

私のこの想いを


「あれがデネブ、アルタイル、ベガ」

君は指さす夏の大三角

覚えて空を見る

やっと見つけた織姫様

だけどどこだろう彦星様

これじゃひとりぼっち


楽しげなひとつ隣の君

私は何も言えなくて


本当はずっと君の事を

どこかでわかっていた

見つかったって

届きはしない

だめだよ 泣かないで

そう言い聞かせた


強がる私は臆病で

興味がないようなふりをしてた

だけど

胸を指す痛みは増してく

ああそうか 好きになるって

こういう事なんだね


どうしたい?言ってどらん

心の声がする

君の隣がいい

真実は残酷だ


言わなかった

言えなかった

二度と戻れない


あの夏の日

きらめく星

今でも思い出せるよ

笑った顔も

怒った顔も

大好きでした

おかしいよね

わかってたのに

君の知らない

私だけの秘密

夜を越えて

指をさす

無邪気な声で

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。